Windows7のサポート終了はウイルス対策すれば問題ないのか?

2020年1月14日にWindows7のサポートが終了する

サポートが終了するとマイクロソフトからのセキュリティサポートが受けられなくなる

市販のウイルス対策ソフトを使用すれば大丈夫なのかといろいろと調べてみた

結果、市販のウイルス対策だけでは危険だということがわかった

セキュリティ更新プログラムの重要性

マイクロソフトが提供してくれるセンター更新プログラム

これはOSという複雑なプログラムを保護してくれているみたいだ

無数のプログラムでできているOSには構造上の欠陥があり

これが「セキュリティホール」といわれているらしい

この「セキュリティホール」を市販のウイルス対策ソフトでカバーするには

OSのプログラムにくわしくないと難しいということで

市販のウイルス対策ソフトには対応できないという現状なのだという

また、Windowsアップデートだけではウイルス対策にも完全対応しきれないみたいだ

そのため、市販のウイルス対策ソフトが必要になってくるのだという

ようは

Windowsアップデートと市販のウイルス対策ソフト

この2つでパソコンを保護してあげる必要があるのだという

どちらかが欠けてしまうと

パソコンにはリスクが発生しやすくなってしまうということなのだ

ネットにつながなければウイルスにはかからないのか?

市販のウイルス対策ソフトだけでは無理だということがわかった

では、ネットにつながないようにすれば大丈夫なのだろうか?

また、調べてみた

で、結果大丈夫じゃないということがわかった

ウイルスがひそんでいるのは

ホームページやメールだけじゃないらしい

外部のUSBメモリーやCDROM、DVDROMなどの

リムーバブルメディアなどからもウイルスに感染するらしい

Windows7をWindows10に無料でアップデートできるのなら

Windows10にアップデートしてあげるのが一番いいみたいだ

パソコンのスペックによっては対応しない場合もある

そうなると買い替えも検討しないといけない

データーのバックアップがとれるのなら先にとっておいて

Windows10にしてみるのもありかもしれない